ワキガの治療を千葉のクリニックで受けるには

アポクリン汗腺を直接切除する方法

最適な病院を選ぶにはカウンセリングは必須アポクリン汗腺を直接切除する方法どこの病院に依頼すべきか選択の基準

ワキガをすぐに治療したいと考えるのなら、「アポクリン汗腺」の切除が最適と考える人も多いでしょう。
千葉にも対応している病院は多く、多くの手術例を取り扱っている場合であればさらにおすすめです。
「アポクリン汗腺」の切除は「皮弁法」と呼ばれています。
脇の中心部分を数センチ切開し、直接汗腺を切除するという方法です。
最も治療効果を得やすい方法として人気がありますが、手術として縫合やドレーンの挿入が伴います。
手術そのものは麻酔を使って行われるので、痛みはほとんどありません。
この「皮弁法」を受けたあと、すぐに臭いが消えるわけではないことを知っておくべきでしょう。
手術直後はまだ汗が残っている可能性があり、すぐに臭いが無くなるのではありません。
ですが、術後2週間から3週間後には臭いが消えているというケースがほとんどです。
不安に感じることはありません。
傷が残るのではという心配をする患者さんも多く見られます。
ですが、この場合も時間経過と共に傷が小さく、見えにくくなる患者さんがほとんどですので、大きな問題にはなりません。
大体手術を受けて3か月後には、傷がほとんど気にならないレベルになると言われています。