ストレスや緊張で体から嫌な臭いがする「ストレス臭」-タイ式に消臭方法を考えてみると?

Spread the love
カルマカメット店内のベッド
カルマカメットはタイ・バンコクのアロマブランド。香りは人の心身を癒すために調香されます。タイ人の「マイペンライ(大丈夫)」精神を見習ってみなさんものんびりリラックスを〜

ストレスや緊張で体から嫌な臭いがする「ストレス臭」が発見された?!

先日、日本を代表するコスメブランド『資生堂』より、衝撃の発表が…

資生堂、緊張によるストレスで皮膚から特徴的なニオイが発生することを発見(リリース日: 2018/10/2)

なんでも緊張による心理的なストレスが加わると、体から嫌〜な臭い(皮膚ガス!)が発せられるようになるとの事。そして原因物質を研究した結果、その嫌なニオイを目立たなくする技術も開発したのだとか。

そういえば数年前には高齢化社会を反映してか、年を取ると共に発せられる「加齢臭」が発見されて話題になり、今でも「加齢臭」対策?と思われるような洗剤、消臭剤、衣類、寝具などなど様々な生活用品や設備に拡がりが見られます。

「ストレス臭」に覚えあり。でも日本だけ?

この「ストレス臭」。新発見とはいえ、ほとんどの皆さんには経験的に「ああ、あのニオイか。」と察しがつくのではないでしょうか。

スタッフもおそらく「ストレス臭」の事だろうな、というニオイには覚えがあります。食べ物や汗などの体臭とは全く異なる独特の臭い。

  • 日本の通勤電車・バスの中(満員電車であろうとなかろうと)
  • 日本のお店や会社の中
  • 日本の学校(教室)の中

と、思い出して書き出してみると、とにかく日本ではある程度人が密集する場所だと「ストレス臭」がするような気がします。「ストレス臭」を発している方も、お仕事中の方ばかりでなく育児中の親御さんや、ご家族を介護・看護中の方、果ては子供まで、年齢も状況も様々。

一方カルマカメットのあるタイでこういった「ストレス臭」を感じた事はあるかな?と様々な場所や人を思い浮かべてみましたが…、ない!人口の密集する大都市バンコクでも、ない!しかもバンコクにはタイ人のみならず様々な国からやってきた外国人観光客、お仕事や結婚で移住した外国人、もちろん日本人もたくさんいるにも関わらず、です。

他の国ではどうでしょうか?スタッフには「ストレス臭」国は経験した限りでは日本ほど頻発する国は思い当たらないのですが、ぜひ知りたいものです。

「ストレス臭」-消臭するか、ごまかすか

さて、嫌な臭いがする時、どう対処するのか。

  1. 嫌な臭いの原因物質を消す、またはブロック?して消臭する。
  2. 嫌な臭いを上回る強烈な臭い(香水、芳香剤)をまいて嫌な臭いをごまかす。
  3. 特に気にしない。

ちなみに1の方法は今回資生堂が開発した技術の方向性ですね。現代日本人はニオイに関しては「消臭」を好む傾向にありますので、こちらの方法の方が人気でしょう(洗って清めるイメージでしょうか)。一方欧米人に多いですが体臭など嫌なニオイにはニオイで対処する!という方法が2です。香水、芳香剤、柔軟剤などがこれに当てはまります。

みなさんはもし自分から「ストレス臭」が出ていると気づいたら、どういった方法を取りますか?

「ストレス臭」-臭いの原因はあなたじゃないからあまり気にしないで!

スタッフだったらどうするか…。3の「特に気にしない」でしょうか。

最初にこの「ストレス臭」の発見というニュースを見た時の正直な感想は、

日本ではただでさえストレスの溜まる生活をしているのに、更にそのストレスのせいで出たニオイまで気を使ってケアして消さないとダメなのか…。なんだか窮屈で気の毒だなー…。

という感じでした。おそらく「ストレス臭」が出るほどストレスが溜まっている方というのは、既に真面目に、一生懸命、頑張りすぎている人だと思いますので、その方のニオイを文句をつけるよりは、その溜まりすぎているストレスそのものを軽減する方法を考えたいものです(もし消臭するとしても、よほど必要な場面で一時的に使う程度で良いのではないでしょうか)。

「ストレス臭」の出ている方は、「臭くて恥ずかしい」「自分のニオイで周囲に迷惑をかけている」と思い悩む必要はないですよ。

自分のニオイを気にしすぎると、ますますストレスが溜まって悪循環になると思います。

おそらくタイ・バンコクで「ストレス臭」を感じた事がないのは、周囲を気にしてストレスを溜め込む事が日本よりは少ないからだと思います(タイ人以外の外国人でも、です)。お昼に食べたニンニクの臭いも、汗をかいた臭いも、そんな事誰も大して気にしてません。不思議とそういう環境にいると、他の人の臭いも大して気にならなくなってきます。

一般的に周りの人への同調圧力が強く、「みんなと同じように」「周りの人に合わせて」という傾向が強いという日本人。「ストレス臭」は個人の体質ではなく、ある意味日本の社会的な症状かと思います。

「ストレス臭」はあなたのせいではありません。ちょっと手を抜いて、ズボラして、人の反応なんかそんなに気にしないで!

ちなみに当店で取り扱っているカルマカメットの商品も、アロマブランドとして根本に「豊かな香りで心身を癒す」という事があります。そのため消臭アイテムや、強い香りを体に足すタイプの香水はありません。あくまで使用者本人に向けた香りで、周囲に向かってアピールするための香りではない、という事が大切です。

日本の皆さんがもっと体も心もゆったり過ごせますように…。